子育て世代のお値打ち高級住宅

お問い合わせ・資料請求

強いお家とは?

家づくりの常識を超えた K.S.S工法でつくりました。

K.S.S工法とは? 子育て・スーパー・シェル
公庫基準をはるかに上まわる、サティスホーム岐阜独自の設計基準で
考え出されたK.S.S工法です。
K.S.S工法ポイント1 頑強 基礎は最も強いベタ基礎工法を採用。

ベタ基礎工法とは、基礎自体を一体の箱にしてしまい、剛性を高めた工法です。
一番大切な部分ですから、一番強い工法を採用しました。

基礎パッキン


基礎パッキン工法により、床下換気も十分に確保し、シロアリなどを寄せつけません。今までの地窓式の換気に比べて2倍の換気を確保。床下全体にまんべんなく風が通り、隅々まで良く乾燥します。
K.S.S工法ポイント2 高耐震 木材はすべて乾燥材を使用!

構造材の全てに乾燥木材を使用しているため、耐朽性にも優れています。
又、家を支える最も大切な柱にはムク柱の1.5倍の強度を持つエンジニアリングウッドを使用。

スーパーフレーム工法


梁は通常1.8~0.9m間隔で組根太を配します。
しかしサティスホーム岐阜では30cm間隔で組根太を配置し、その梁をF★★★★構造用合板で固めます。これで床面剛性を保ち、地震が加わっても歪めず、力をバランスよく流すことができます。使う釘も違うんですよ!
K.S.S工法ポイント3 省エネ 洗練されたフォルムの中に秘められた新構造

室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側には耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特長を生かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。住宅の省エネルギー化はもちろん、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。
お問い合わせ・資料請求 FP無料セミナー 土地をお探しの方へ
instagram
Copyright(c) All Rights Reserved by Satishome-gifu,ltd..,